新型ジムニー”JB64”にレインボーオートオリジナルアルフィンドラムを装着テストしてみました。

皆様こんばんは。レインボーオートの横ヒレです。

世の中が新型ジムニーの話題で大盛り上がりですが、残念ながらレインボーオートのデモカーとなるJB64の納車はもう少し時間が掛かるようで皆様にカスタムしたレインボーオートデモカーをお披露目するのはもう少しお時間が掛かりそうです。

が、しかし…既にメーカーも納期が10か月とか1年以上?と噂になるくらい売れ行きも好調の様子ですので、レインボーオートもJB23からの変更点やフィッティングの確認作業を進めなくてはいけません。

そこで今日は販売店様にご協力頂きまして、試乗車の試乗とサスペンションパーツや吸排気パーツ開発用の寸法取りをさせていただいて参りました。 外装のデザインも良く、ノーマル状態でも快適さを感じるボディ剛性と車両重量が増したからか乗り心地も良く感じました。

しかし、サスペンションにはまだまだ良くなる余地は感じますし、エンジンはターボらしさを感じる事が無く全域でパワー不足を感じますので…とてもやりがいを感じますね。

 

さて、話は戻りまして寸法取りの一つで”JB23~43用レインボーオートオリジナルアルフィンドラム”の装着が可能なのかも寸法を確認して頂きました。

純正ドラムの品番が変更されておりましたので互換性が無いかもしれないと心配しておりましたが、同寸法である事は確認する事が出来ました。 今回は寸法取り等の確認だけでしたので装着しての走行は行っていないませんが、デモカーが入庫し走行テストが完了しましたら正式に発表させて頂きたいと思います。 またレインボーオートオリジナルブレーキシューにつきましては互換性がありますのでご使用いただけます。

詳しい事はデモカーのベース車が入庫しましたらドンドン掘り下げて参りますし、レインボーオートらしく他社に無い濃くて熱いパーツ開発を進めて参りますのでご期待ください。

関連記事一覧

PAGE TOP