意外と不満の声が多いジムニーのブレーキ性能と横ヒレが提案する最強のブレーキチュー二ング。

皆様こんばんはレインボーオートの横ヒレです。

今日は日ごろから不満の声を聴くことが多いジムニーのブレーキ性能の低さと、ユーザーの不満と重い車体をしっかりと受け止める『レインボーオート流ブレーキチューニング』についてお話したいと思います。

まずはこのブログをご覧のお客様でジムニーのブレーキの効き具合に不満を感じている方はどれくらいらっしゃるのでしょうか?

おそらく『不満はない』と『効かなくて驚いた』と言う大きく二つの評価に分かれるのではないかと思います。

私が沢山のジムニーユーザー様からお話を聞いてきた限りでは、不満を感じる方は主にジムニーライフの浅いユーザー様や普段からジムニーとは別に乗用車を運転される機会が多いジムニーユーザー様に多い傾向にあり、私も職業柄ジムニー以外にもいろんな車両を運転しますが、今時の乗用車は『凄くブレーキが効くな』と運転する度に感じるので、やはりジムニーはブレーキが効かない車だと思っています。

そこでまずは『何故ジムニーのブレーキが効きにくいのか?』と考える訳ですが、私が考えるに基本的には2サイクルのSJ30型ジムニーの時代から殆ど進化が無く、現在では総重量1トンを超える事も珍しくないジムニーにはフロントのブレーキシステムが根本的に容量不足なのだと考えました。

ましてや重たいMTタイヤやATタイヤでは車両を受け止めるには少々役不足だと…。

そこで私がJB23向けに考え出したのがSUBARU純正ブレーキシステムをポンつけ可能とする独自のノウハウです(通称『ヒレンボ』なんて呼ばれています) このブレーキシステムはジムニーの小さくて薄い純正ブレーキシステムを捨て、乗用車用の4POTブレーキシステムを流用可能とする物で専用ローターを使いローター外径も大型化、そしてベンチローターを採用する事で高剛性で、更にはジムニー純正ブレーキと比べ冷却性能も大幅にUPさせる事に成功し、日常生活でも安心のブレーキ性能を手に入れると共に全開のサーキット走行も周回して楽しめるブレーキシステムとなりました。

しかしここで一つ大きな問題が… それは4POT化する事でJB23の純正マスターシリンダーでは容量が小さくペダルストロークが増し、ブレーキング開始時のフィーリングが悪化してしまった事です。

この問題を解決させる方法は一つでジムニーの純正マスターシリンダーを4POTキャリパーに合わせて容量をキチンと変更し合わせる事です。

これがレインボーオートがオリジナルで販売している『大容量マスターシリンダー』になります。

現在では他社からも色んな4POTブレーキキットが販売されておりますが、マスターシリンダーについてキット化しているのはおそらくレインボーオートのみで、他社の4POTキットと組み合わせたいジムニーユーザー様から高い評価を受けており、 また裏ワザでJB23のブレーキキャリパーは純正のままで、スポーツパットや純正交換タイプのスリットローターに大容量マスターシリンダーだけを組み合わせると言う裏ワザ的ブレーキチューニングが低予算でも強力にブレーキを強化出来ると話題になっているようです。

またフロントブレーキを強化するとリヤブレーキも強化したり、なにかしら手を加えたいとお考えになるユーザー様が多く、レインボーオートでは純正のドラムブレーキ形状を変えないまま制動力を高める事が出来るアルミ製ドラムカバー開発を始め、ハヤシレーシングとの共同開発にて『レインボーオートオリジナルジムニー用アルフィンドラム』を製作し、強化されたフロントブレーキとの前後バランスを整え制動力をトータルで高めると共に、重いブレーキドラムを放熱フィンを装備した軽量アルミ鋳造ドラムにする事で高い放熱効果を生み、アルミ化によるバネ下重量の軽量化による低燃費化にも貢献し、見た目のドレスアップ効果も見て取れます。 (レインボーオートオリジナルアルフィンドラム。JB23、JB64、JB43に対応)

ブレーキチューニングについては沢山の方からメールや電話にてご質問を頂いておりますが、近年ではエンジン出力が100馬力オーバーを記録するジムニーも珍しくなくなり、到達する最高速も伸びエンジンチューニングが盛んにもなっておりますので、やはりJB23のブレーキチューニングは重要だと感がえております。

レインボーオート新型デモカーのJB64にもキャリパーやアルフィンドラムのシューのセットが使えるかをチェックした所ですが、 JB23と同じく前後問題なく使用する事が分かりましたので、機会があれば是非お試し頂きたいと思っております。

またJB64向け大容量マスターシリンダー等のブレーキパーツも今後検討しておりますのでご期待ください。

ジムニーのブレーキチューニングにお悩みの方は是非レインボーオートにご質問ください。

きっとお客様が求める最強のブレーキフィーリングを手に入れるアドバイスを受ける事が出来ると思いますよ!!

関連記事一覧

PAGE TOP